そんな調子で間に合う!?引越の片付けで慌てないためには

不要なものたくさん持ってない?

引越での作業で大きく時間と労力を占めるのが、パッキングや片付けですよね。簡単に言えば、引越先に持っていく荷物を箱に詰めていくだけなのですが、案外ガラクタや不用品、壊れたモノも大事に保管している人もいるのではないでしょうか。そういったゴミまで持っていこうとするとかなりの作業量になります。「箱に詰めるだけ」と思って作業を後回しにしてしまっては、引越当日に間に合わないかもしれません。余裕のあるスケジュールを立てて手を付けるのがカギです。

大きいものは早めに捨てる

古くて使えなくなった家電や布団、家具を引越のタイミングで捨てることはよくあります。引越は断捨離のチャンスです。今まで捨てようか迷っていたものを一気に捨てる良い機会です。

大きなものを捨てる時には時間が掛かるものだと頭の片隅に入れておくのがポイントです。粗大ゴミはゴミに出せば翌日持って行ってくれるものではありません。事前に自治体に連絡し、引取日を予約する必要があります。粗大ゴミ処分はいくつかのステップを踏まなければならないので、片付けのときには大きいものから手を付けると良いでしょう。

分別のマナーを守って

狭い家でも、引越の作業を始めたら思った以上に荷物を持っていたことに気づくでしょう。狭い空間を上手に利用するため収納術を取り入れた家庭も多いです。そうなると、いざフタを開ければかなりの量の荷物が出てきます。しまったっきり存在を忘れたものや、期限の切れた食べ物が出てくるかもしれません。

各自治体によってゴミの分別ルールが異なります。自治体のルール通りに仕分けていないと、ごみ収集してもらえないこともあります。きちんと自治体のルールに従い、燃えるゴミと燃えないゴミに分けて捨てましょう。

まだ使える電化製品などがある場合の不用品の回収では、リサイクルに対応している業者に依頼をすると、料金が安くなったり、お金が戻ってくることがあるのでおすすめです。